ログインして、スコアを記録しよう!Googleアカウントで簡単ログイン。

なに書なん章

聖書本文3節分をランダムに出題。
律法や福音書など、大分類ごとの「なに書」。各書ごとの「なん章」。詩篇全5巻を各巻に絞った「なん篇」。
好きな区分を選んでチャレンジ!

運営者

有限会社カンノ・カンパニー
良い実を結ぶ事業部
http://kanno.com

口語訳聖書(1955年版)

「伝道者の書」のクイズ

  • Q1怠惰によって屋根は落ち、無精によって家は漏る。 食事は笑いのためになされ、酒は命を楽しませる。金銭はすべての事に応じる。 あなたは心のうちでも王をのろってはならない、また寝室でも富める者をのろってはならない。空の鳥はあなたの声を伝え、翼のあるものは事を告げるからである。
  • Q2しかし、要するに耕作した田畑をもつ国には王は利益である。 金銭を好む者は金銭をもって満足しない。富を好む者は富を得て満足しない。これもまた空である。 財産が増せば、これを食う者も増す。その持ち主は目にそれを見るだけで、なんの益があるか。
  • Q3And I find more bitter than death the woman, whose heart is snares and nets, and her hands as bands: whoso pleaseth God shall escape from her; but the sinner shall be taken by her. Behold, this have I found, saith the preacher, counting one by one, to find out the account: Which yet my soul seeketh, but I find not: one man among a thousand have I found; but a woman among all those have I not found.
  • Q4人の労苦は皆、その口のためである。しかしその食欲は満たされない。 賢い者は愚かな者になんのまさるところがあるか。また生ける者の前に歩むことを知る貧しい者もなんのまさるところがあるか。 目に見る事は欲望のさまよい歩くにまさる。これもまた空であって、風を捕えるようなものである。
  • Q5こうして、わたしは大いなる者となり、わたしより先にエルサレムにいたすべての者よりも、大いなる者となった。わたしの知恵もまた、わたしを離れなかった。 なんでもわたしの目の好むものは遠慮せず、わたしの心の喜ぶものは拒まなかった。わたしの心がわたしのすべての労苦によって、快楽を得たからである。そしてこれはわたしのすべての労苦によって得た報いであった。 そこで、わたしはわが手のなしたすべての事、およびそれをなすに要した労苦を顧みたとき、見よ、皆、空であって、風を捕えるようなものであった。日の下には益となるものはないのである。